李 鳳

李 鳳 講師
イ ボン
LEE Bong
商学科
准教授

学位

博士(国際広報メディア)(北海道大学)

専門分野

韓国語学、日本語学、日韓対照研究

研究テーマ

ヘッジ(hedge)表現の日韓対照研究
(キーワード:ヘッジ、ポライトネス、語用論)

担当科目

  • 韓国語会話・作文Ⅰ
  • 韓国語会話・作文Ⅱ
  • PAL(専門職韓国語)Ⅰ
  • PAL(専門職韓国語)Ⅱ
  • PAL(専門職韓国語)Ⅲ
  • PAL(専門職韓国語)Ⅳ

教育・研究への取り組み

現在行っている日本語と韓国語の語用論研究を継続し、理論研究・実証研究を通じて日本人と韓国人のポライトネスの類似点と相違の解明に努める。また、ポライトネスの知見を活かしながら、理論的・実証的根拠に則った大学韓国語教育のあり方を検討し、それを教育面で実践する。

略歴

2005年:
北海道大学大学院国際広報メディア研究科修士課程修了
2005年:
藤女子大学、北星学園大学、北海道大学、北海商科大学など非常勤講師(~2015年)
2013年:
北海道大学大学院国際広報メディア研究科博士課程修了
2013年:
日本司法通訳士
2014年:
北海道大学大学院メディア・コミュニケーション研究院助教(~2015年)
2016年:
北海商科大学商学部講師
2018年:
北海商科大学商学部准教授(現在に至る)
2020年:
北海学園札幌高等学校 カリキュラムアドバイザー

所属学会

朝鮮学会、日本韓国語教育学会、韓国日本文化学会、多文化関係学会、朝鮮語教育学会など

主な著書・論文

  • 「日本語と韓国語の敬称接尾辞の対照研究 -『さん』を中心に-」(単著)、『比較文化研究』、 146号、2022年
  • 「日本語の待遇表現『~(さ)せていただく』に関する考察―発話行為理論の観点から―」(単著) 『北海商科大学論集』、第9巻、1号、2020年
  • 「Korean Language Learning Strategies of Japanese Hokkai School of Commerce Students」(共著) 『韓国語学』、韓国語学会、第85巻、2019年
  • 『日本語学研究の最前線』(共著)、チェクサラン、2012年
  • 『言語表現を通して見た韓日言語文化』(共著)、J&C、2009年

E-mailアドレス

b.lee@

  • ※上記@マーク以降は「hokkai.ac.jp」を付加

researchmap

李 鳳

  • researchmapとは科学技術振興機構(JST)が提供する研究者の業績を管理・発信することを目的としたデータベース型研究者総覧です。国内の大学・公的研究機関等に関する研究機関情報、研究者情報等を閲覧することができます。