北海商科大学(以下、「本学」)では、内部質保証の方針を次のとおり定める。

1.内部質保証の目的

本学は、教育研究水準の向上を図り、教育目的および使命を達成するため、本学の教育研究活動等の総合的な状況を自ら点検・評価し、質の向上を図るとともに、それらの状況が適切な水準にあることを自らの責任で社会に説明する。

2.内部質保証の推進に責任を負う組織

本学における内部質保証の推進に責任を負う組織は、学長を委員長とする大学教育研究評価委員会(以下、「委員会」)とする。

3.大学全体及び各部門における自己点検・評価

(1)委員会は、北海商科大学教育研究評価委員会規程に基づき、毎年度、本学及び大学院に教育研究活動の自己点検・評価を実施するよう各部門(センター等)に指示する。
(2)学部、大学院の各部門(センター等)は、基準に沿って自己点検・評価を実施し、報告書を毎年度委員会に提出する。また、委員会は各部門(センター等)から提出された報告書と教員の教育研究活動とをまとめて、大学の「自己点検・評価」報告書として作成する。
(3)委員会は、「自己点検・評価」報告書を検証し、必要に応じて学部、大学院の各部門(センター等)に改善を求める。
(4)各部門(センター等)は、委員会から求められた改善内容に基づき、改善のための施策を計画し、実行後に点検・評価を行い委員会に報告する。
(5)委員会は、自己点検・評価の客観性・公平性を高めるために、定期的に学生の代表者および、必要に応じて外部からの意見聴取を行う。

4.教員個人の教育・研究等活動における自己点検・評価

教員は、教育・研究等活動に関する自己点検・評価や教育研究評価委員会が定期的に実施する授業改善アンケート等の結果をもとに、教育・研究等活動の改善・向上を図る。学長は、教育研究評価委員会やFD 委員会において、教員の教育・研究等活動の点検・評価及び改善・向上を全学的に推進する。

北海商科大学 内部質保証の組織体制(概要)