シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 研究指導 科目コード 8117 単位数 2
担当者名 田辺 隆司 開講時期 3前 開講年次 3年次
授業の到達目標及びテーマ
 博士論文作成の指導がテーマであり、論文の核心部分を完成度の高い小論文にして学会誌等に発表させること、並びに学会発表させることを到達目標とします。さらに、博士論文を完成させることが到達目標です。
授業の概要
 副指導教授及び他の関連教授の参加を交えての研究会方式による(討議)論文指導を行います。また、博士論文の報告会のための準備を指導します。さらに、学会誌等への投稿と執筆要領と、研究の成果の学会発表の準備についても指導します。
授業計画
1週目〜10週目
論文の論理の整合性や新たな知見が整理されているかを最終確認させる。論文作成に対して細部の指導を行う。学会発表の準備と学会発表を指導する。学会誌掲載等についての指導を行う。今後の博士論文報告会の準備と報告のための指導を行う。加えて、論文作成上の細部の留意点(注釈や引用文献の記載方法等)について指導する。

11週目・12週目
大学院生報告会における博士論文の中間報告に向けた準備を行う。報告会での発表手順と質問応答に関わる具体的な指導を行うとともに、報告後に指摘箇所への対応を討議する。

13週目〜15週目
博士論文中間報告後、報告会での指摘箇所の修正を行う。最終報告会に向けて、博士論文の完成版を作成するための指導する。

16週目
全体の補足説明、博士論文のフィードバック(返却、講評)を行う。但し、やむを得ず、15週目までの授業内容を実施できなかった場合は、補講授業を行う。
テキスト
・授業時に自作のプリントを教材として配布します。また、参考資料を収集しテキストとして使用します。
参考書・参考資料等
・随時紹介します。
成績評価の方法・基準
・博士論文の完成版をもって総合的に評価します。