シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 研究指導 科目コード 8114 単位数 2
担当者名 田辺 隆司 開講時期 1後 開講年次 1年次
授業の到達目標及びテーマ
 大学院生から提出された研究内容と研究計画を、本授業のテーマ(課題)とします。到達目標は、博士論文の作成に繋がるテーマの設定と研究計画を作成することです。
授業の概要
 研究分野に基づいて、必要な文献資料の収集を行います。研究のテーマや目的を明確にするために、先行研究に関する論文・著書を発表し、研究の基盤を構築します。この過程で問題意識を持ち、大まかな研究領域を定めます。
授業計画
1〜3週目
「研究テーマ」の内容について、その目的等を発表させて「研究テーマ」の絞込みを指導する。また、主要な参考文献、統計資料を指示する。さらに、論文に求められる要素(仮説の設定と検証)について指導する。

4週目・5週目
具体的な「研究テーマ」に即した論文の骨格が出来上がるように指導する。研究会での発表を行う。

6週目・7週目
「研究テーマ」をどのような観点から具体化すべきかの指導を行う。また、方法論や具体的な解析方法についての討論・指導を行う。文献と資料からの仮説の整理と研究のポイントを討議等の方式によって行う。「研究計画」の土台を研究会で発表させる。

8週目〜10週目
「研究テーマ」に関する仮説や研究方法を確定できるように指導する。また、論文作成の意義がどのようなところにあるかを、絶えず意識しておくことの必要性を習得させる。

11週目〜13週目
「研究テーマ」に関して、大まかな骨子の作成を指導する。緒言から考察までの章別編成の作成を指導する。

14週目・15週目
各章のレポート(各章の要旨)を作成させる。緒言に絞って、詳細な発表を研究会で行なう。

16週目
全体の補足説明、レポートのフィードバック(返却、講評)を行う。但し、やむを得ず、15週目までの授業内容を実施できなかった場合は、補講授業を行う。
テキスト
・授業時に自作のプリントを教材として配布します。また、参考資料を収集しテキストとして使用します。
参考書・参考資料等
・随時紹介します。
成績評価の方法・基準
・研究計画を踏まえ、研究会での発表や指導過程での成果に基づいて総合的に判定します。