シラバス(詳細)

印刷する
2019年度
科目名 特別研究指導演習 科目コード 8045 単位数 2
担当者名 橋元 理恵 開講時期 2前 開講年次 2年次
授業の到達目標及びテーマ
中間報告会での発表とその反省から、論文の再整理を行い論文の完成に向けて研究を進める。
最終的に、既存の研究水準を踏まえていること、論文が論理整合性を保っていること、新しい知見が加わっている論文を作成する。
授業の概要
これまでの研究水準をふまえ、オリジナリティのある独創的な修士論文を作成する。
問題意識(研究目的・課題等)が明確で、論旨(全体の整合性)の明確性、データの信頼性、調査方法の妥当性をふまえた論文を作成する。
授業計画
1〜3週
  修士論文作成状況の確認:修士論文一次草案に基づき、調査・分析を実施
する

4〜11週
  修士論文完成に向けての研究;論文構成、調査、分析、考察を検討する

12〜15週
  修士論文構成の作成、中間報告会で研究成果を発表する

テキスト
院生の研究進捗に合わせ随時指示する。
参考書・参考資料等
各自のテーマに応じて、講義の際に適宜指示する。
成績評価の方法・基準
修士論文の研究水準などにより評価する。