シラバス(詳細)

印刷する
2019年度
科目名 課題研究演習 科目コード 8041 単位数 2
担当者名 相浦 宣徳 開講時期 1前 開講年次 1年次
授業の到達目標及びテーマ
課題研究演習気伐歛蠍Φ羆藹兇鯆未検⊇せ力席犬虜鄒に関する基本的理解(論文の書き方、目的、テーマの設定、資料・文献の収集に関する方法、その利用方法、読解力など)の習得を指導する。特に本講義では、研究に関する問題関心を明確にさせ、研究テーマを絞り込むよう指導する。
授業の概要
修士論文の作成にあたって、内部環境や外部環境の変化、新たな技術的シーズなどに対する「流通システムの戦略的展開」を主たる研究対象として指導する。
授業計画
1週目 ガイダンス:演習内容の紹介
2週目〜4週目 問題関心の明確化:対象分野における受講生の問題意識の抽出を目的とした意見交換
5週目〜7週目 研究テーマの設定とその理由の検証
8週目 研究テーマ、背景、目的などの確認:担当教員、受講生同士による討議
9週目〜10週目 研究テーマに関する指導(8週目の討議に基づく調整、分析手法などの予備検討)
11週目〜15週目 研究テーマに関する指導(先行研究のレビュー、研究推進に必要な文献、資料の収集と整理など)。同時に、副指導教授を決定し、研究テーマを確定する。
テキスト
随時資料を配付する。
参考書・参考資料等
講義中に随時、提示する。
成績評価の方法・基準
3回ほどの研究発表、レポート提出により、総合評価する。課題に取り組む姿勢や課題等の進捗度合いも都度チェックして、評価時の判断材料とします。遅刻・欠席回数が2回を超えた場合は成績評価の対象外とします。