シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 社会調査方法論B 科目コード 1525 単位数 2
担当者名 玉井 航太 開講セメスター 第4セメスター 開講年次 2年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
現代社会において,社会調査は人々の態度や実態を検討する上で重要なツールの一つであり,マーケティングなどの企業活動でも活用されている。本講義では,社会調査の位置付けと基本的な考え方について具体的な研究方法を通して学び,修得した知識および技能により、自ら課題を発見し解決する能力を養ってもらう。
到達目標
本講義では,社会調査方法論Aからより具体的な研究方法に言及し,社会科学の基礎となる社会調査の在り方とその方法に触れる。具体的な研究方法の学びを通して,社会調査を検討する批判的思考を身に着けてもらうことを目指す。
授業内容
1週目 オリエンテーション・前期の復習
2週目 前期の復習・「問」の立て方
3週目 質問紙調査(調査票調査)概論
4週目 構成概念と尺度,妥当性と信頼性についての概論
5週目 尺度の妥当性と信頼性(1)(信頼性とその測定)
6週目 尺度の妥当性と信頼性(2)(妥当性とその検討)
7週目 中間試験とこれまでのまとめ
8週目 中間試験のフィードバックと推測統計概論
9週目 推測統計(1)(推測統計の基本的考え方)
10週目 推測統計(2)(統計的検定と統計的推定)
11週目 社会調査における分析手法(1)(分析の種類と用途)
12週目 社会調査における分析手法(2)(差の検定系)
13週目 社会調査における分析手法(3)(復習・相関関係)
14週目 社会調査における分析手法(4)(回帰分析系)
15週目 後期のまとめと期末試験
16週目 期末試験のフィードバックと問題の解説
但し、やむを得ず、15週目までの授業内容を実施出来なかった場合は、補講授業を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
覚えることも多く,理解が難しい内容も多いため,週3時間の予習・復習をすること。授業で使う資料などを事前にCourse Power上に公開するので,毎回予習として資料を一読し不明瞭な点を抽出しておくこと。また,授業開始時に小テストとして選択式のクイズを出すので,前の授業での内容を復習しておくこと。授業で行う小テストとしてのクイズもCourse Power上に公開するので,中間・期末試験に向けての学習に活用すること。
試験では自身の手書きによるMy notebookの持ち込みのみ認める。そのために,期末試験に向けて,授業後に復習を兼ねてノート作りを行い,授業内容の理解を深めること。
成績評価の方法・基準
中間試験(40%)・期末試験(60%)を得点化し,総合的に評価をする。また,授業時での態度や議論への取り組みも判断材料に含め,小テストの点数は加算点として評価に加える。成績の評価は,授業週である16週のうち,11週以上授業に出席した学生を対象とし,試験を受けなかった者には評価を与えない。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
本講義は社会調査方法論Aの続きであり,事前に社会調査方法論Aを既習していることが望ましい。また,社会調査方法論Aの内容を復習するが,基本的には既習していることを前提に講義を進める。
本講義では,授業週である16週の内11週以上授業に出席した学生を評価対象とする。また,2回の遅刻で1回分の欠席とするので注意されたい。出席管理はコメントシートによっておこなうものである。
授業に関するお知らせなどはCourse Powerから行うので常に確認すること。

テキスト
特になし。
参考書
涌井良幸・涌井貞美(著)『統計解析がわかる 』技術評論社