シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 観光文化論 科目コード 1585 単位数 2
担当者名 山田 勅之 開講セメスター 第4セメスター 開講年次 2年次
授業の方法 講義 実務経験 旅行代理店
授業のねらい
一般的に観光の現場で出会う文化事象を観光文化と呼びます。では、文化が観光の対象となるには、どのようなプロセスがあるのでしょうか?また文化が観光の対象となることで、どのような現象が起こっているのでしょうか?本講義では、このような問題意識のもと、「真正性」「まなざし」といった観光文化論における論点を、様々な事例を通じて考察します。以上から、豊かな知識と柔軟な発想力の涵養を図ります。
到達目標
様々な事例から観光文化とは何か理解する。そこから商品となった観光文化がどのように売買されるのか、また経済的利益以外にどのような影響が認められるのか、他の授業と連結させながら考察しよう。これらを通じて、国際社会と地域社会、そして観光産業に貢献できる力を身につけることができます。
授業内容
1週目 ガイダンス 観光と文化との関係性
2週目 伝統文化―無形文化遺産を中心に 〆廚
3週目 伝統文化―無形文化遺産を中心に◆]損
4週目 日本の中の「外国」 ‖膾絅灰螢▲織Ε
5週目 日本の中の「外国」◆‖膾綢臉偽茱螢肇覯縄
6週目 訪日外国人の視点 台湾人と甲子園
7週目 外国の中のNIPPON 台湾植民地の記憶
8週目 宗教とツーリズム 熊野古道
9週目 聖地巡礼と観光 内モンゴル自治区
10週目 生きている文化遺産 ’鮴邏
11週目 生きている文化遺産◆ ̄斉郛蔑鏐
12週目 土産物の文化
13週目 食文化としての和食
14週目 観光文化の論点:「真正性」「まなざし」 
15週目 まとめ 小論文作成
16週目 振り返り・講評。但し、やむを得ず、15週目までの授業内容を実施できなかった場合は補講授業を行う。
準備学習(予習・復習)等の内容
週3時間の予習・復習をすること。参考書や関連の文献に基づいて予習を行い、また毎授業配布するレジュメの復習をすること。
成績評価の方法・基準
授業時に実施する小レポート 50%
期末テスト(小論文) 50%
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
遅刻や私語などの迷惑行為を慎むこと。改善されない場合は不合格となることがあります。毎回配布するレジュメはまとめの小論文作成に必要となるので、保管しておくこと。
テキスト
特になし。毎授業レジュメを配布する
参考書
山下晋司編『観光文化学』(新曜社)2310円
ジョン・アーリ著、加太宏邦訳『観光のまなざし―現代社会におけるレジャーと旅行』(法政大学出版局)5060円