シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 教育原理 科目コード 1301 単位数 2
担当者名 堂徳 将人 開講セメスター 第3セメスター 開講年次 2年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
本講座では、はじめに現代学校教育の課題について整理し、次に、教育の意義や可能性、教育理念や教育思想の系譜、ヨーロッパ教育思想の源泉と教育の歴史について概観していく。その際、抽象的な内容に陥ることなく、学校現場で生きて働く知恵として活用できるように実践的・具体的なとらえ方ができるよう展開していく。
到達目標
教育の基本的概念を身に付け、教育を成り立たせる諸要因とそれら相互の関係を説明できる。教育の歴史に関する基礎的知識を身に付け、それらと多様な教育理念との関わりや、教育及び学校の変遷を説明できる。教育に関する様々な思想を概観し、多様な教育理念や実際の教育及び学校との関わりを理解している。これらを活用して、現実の教育及び学校の課題を解決しようとする意欲と態度を培う。
授業内容
1週目 妓渋紊粒惺散軌蕕硫歛 オリエンテーション 改正教育基本法の背景と課題
2週目 成熟する日本型学歴社会の特色と課題、激変する社会と教育の課題
す眤臉楝海琉貘療改革の現状と課題  (調査・発表)
3週目 橋軌蕕琉婬繊´ゞ軌蕕箸浪燭―社会化・人格化・生の保全と援助(デュルケム・レールス・シュプランガー)
4週目 教育の可能性と限界―行動主義と生得主義―(調査・発表)
6軌蕕良然性―進化行動論から見た人間の互恵性―(研究協議)
5週目 袈軌蕕領鮖砲隼彖曄´.愁ラテス(産婆術)▲廛薀肇鵝淵ぅ妊◆洞窟の比喩)
6週目 コメニウス(近代教育の父)(調査・発表)
ぅ襯宗次併劼匹發糧見者)(レポート作成)
7週目 ゥ撻好織蹈奪繊紛軌薜Δ慮化) (調査・発表)
Ε悒襯丱襯函5段階教授法)
8週目 Д妊紂璽ぁ米散颪箸靴討涼亮院法
┘廛蹈哀泪謄ズム(レポート作成)
9週目 イギリス・フランス・ドイツ・アメリカの公教育制度の成立と特色(レポート作成)
10週目 アメリカの新教育運動の展開と第二次大戦後の教育改革の歴史(調査・発表)
11週目 日本の教育の歴史NO1(近代公教育の成立・発展と欧米の教育に関する思想・歴史の影響)
12週目 日本の教育の歴史NO2(戦後の教育改革から1980年代まで)
日本の教育の歴史NO3(臨教審以降の教育改革)

13週目 幻渋綟本の教育課題と展望ヽ惺察Σ板蹇γ楼茲龍軌蚓呂閥働の必要性
(調査・発表)
14週目 現代日本の教育課題と展望∧僂錣觴匆颪棒犬る力を育む子ども・学校・家庭・地域・社会との関係を創る(レポート作成)
15週目 垢泙箸瓠 酋軌藐桐に係る調査・発表と質疑応答― 教育の基本的概念、教育理念、教育の歴史や思想とこれからの教育及び学校を考える 
16週目 総まとめ(課題の返却、ポートフォリオ・履修カルテの作成など)。ただし、やむを得ず15週目までの授業が出来なかった場合、補講を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
予習は、テキストの事前学習を行うとともに、指示により予習課題に取り組むこと。復習は、毎時間配付するプリント(授業の要点等)に取り組むとともに、指示によりレポートの作成・調査・発表などを行う。まとめでは、履修カルテとポートフォリオを作成する。なお、予習課題の一部はCourse Powreに公開するので、あらかじめ確認すること。
成績評価の方法・基準
成績評価は、試験結果、授業への参加態度、毎時間配付する課題プリント、各種提出物、レポートの作成や調査・発表、質疑応答などにより、総合的に評価します。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
本講座は、教育の基礎理論の習得と現場での活用を目指して行うことから、偏りのない幅広い理解が求められるので、毎時間の意欲的な参加はもとより、予習・復習が大切です。
テキスト
佐々木正治著『新中等教育原理』福村出版2200円(本テキストは教師論と同じです。) 
参考書
柴田義松、斉藤利彦編 『教育史』学文社1500円
佐々木晴雄著『現代教育概論』学陽書房2730円