シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 社会行政論 科目コード 1247 単位数 2
担当者名 山田 達学 開講セメスター 第5セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
公務員試験の中でも、憲法・民法と共に重要とされる行政法の基礎知識と、政治学・行政学を学びます。行政法は、憶えるべき判例数が多く、早くからの学習が望まれ、また政治学・行政学は社会科学分野としても名高いため、試験でよく問われる知識の整理や解答のポイントを押さえることに重点を置いて講義します。
到達目標
本講義では、公法たる行政法を題材に、法律解釈を通じて論理的思考力を養い、政治学・行政学を同時に学ぶことで、国家組織の仕組みや歴史的変遷、政策過程の体系的知識を深めることを目標とします。
授業内容
1週目 行政法 聞埓法とは・行政主体等)
2週目 行政法◆文⇔賄活動)
3週目 行政法(非権力的活動)+小テスト
4週目 行政法ぁ聞餡版綵法)
5週目 行政法ァ聞埓不服等)
6週目 行政法Α聞埓事件訴訟法機+小テスト
7週目 行政法А聞埓事件訴訟法供
8週目 行政法─聞埓手続法等)
9週目 行政法(地方自治機+小テスト
10週目 行政法(地方自治供
11週目 政治学・行政学 紛畭綛餡箸涼太犬畔兪)
12週目 政治学・行政学◆弊治制度)+小テスト
13週目 政治学・行政学(政治過程)
14週目 政治学・行政学ぁ聞埓学理論)
15週目 政治学・行政学ァ聞埓過程)+小テスト
16週目 やむを得ず、15週目までの授業内容を実施出来なかった場合は、補講授業を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
行政法は、いくつかの法律を総称している分野です。そのため、全体を把握し難いので、予習として事前に毎回1時間程度テキストを一読してください。どの科目も公務員試験では幅広く出題されることが予想されますので、進行に合わせて週3時間は復習と問題演習を繰り返し、ポイントの整理を意識して学習を進めてください。
成績評価の方法・基準
小テストを3週おきに計5回(各回20点・合計100点)実施します。
小テストの合計100点を評定の素点として成績を評価します。
各小テストの結果次第では、第16週目に追試を実施します。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
社会行政論気よび社会行政論兇涼碓未鮟て世靴討い覆韻譴弌△海旅峙舛詫修できません。なお、社会行政論兇寮績評定についてはB(60点)以上とします。
テキスト
公務員試験過去問攻略Vテキスト(TAC出版)
4「行政法」税別¥2,200
10「政治学」、11「行政学」各税別¥1,600
参考書
だから「カコモン」で克服!シリーズ(各税別・TAC出版)
行政法¥1,800
政治学¥1,600
行政学¥1,600