シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 地域観光論 科目コード 1429 単位数 2
担当者名 伊藤 昭男 開講セメスター 第6セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
人口減少および少子高齢化が進行する今後の地方においては、これまでの単なる延長的な対応ではなく、イノベーションを伴った対応が重要である。本講義では観光イノベーションの基礎となるロジック(論理)を学習することを通じて、観光振興および地域振興において自ら課題を発見し解決する能力を身につけることがねらいである。
到達目標
この授業を通じて、観光の国際化時代に対応した地域観光振興を考える力を身につけ、国際的に通用する人材としての基礎を養成することができる。
授業内容
1週目 講義の方針、人間と観光の関係性に関するロジック
2週目 サービス財と物財の関係性についてのロジック
3週目 地方における観光イノベーションの重要性、観光イノベーションに関する理論的概念的考え方(ヒヤラーガー)
4週目 観光イノベーションに関する理論的概念的考え方(ホール&ウィリアムズ、ウィリアムズ&ショウ)、地方における観光イノベーションへの示唆
5週目 地域観光(特に北海道)のトピックスについて(講義とディスカッション)
6週目 観光資源論の再考と観光イノベーション、ジンマーマンの資源論、コンスタンチン&ラッシュの資源マネジメント論
7週目 地方の経済発展に関するジェイコブズの考え方の重要性、ジェイコブズの考え方の骨子、第1回テスト
8週目 都市の基本的発展メカニズム、ジェイコブズの考え方と関係アプローチ、ジェイコブズの考え方からみた地方における観光イノベーションの推進と地方の経済発展への示唆
9週目 地域観光(特に北海道)のトピックスについて(講義とディスカッション)
10週目 地方都市による観光イノベーション戦略の取り組み事例
11週目 観光イノベーションによる都市再生戦略の参考事例
12週目 地域観光(特に北海道)のトピックスについて(講義とディスカッション)
13週目 観光推進組織のイノベーション、第2回テスト
14週目 国際航空旅客流動と観光イノベーション
15週目 講義全体の復習およびポイント確認および意見交換
16週目 講義全体にについての総評と残された学習課題を講義する。但し、やむを得ず、15週目までの授業内容を実施できなかった場合は、補講を行う。
準備学習(予習・復習)等の内容
週3時間の予習・復習を行うこと。特にテキストは講義に対応して事前に読んでおくこと。また重要ポイントの確認および理解が不十分であった点については復習して十分な理解に努めること。
成績評価の方法・基準
2回のテストの結果で評価する。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
・遅刻は原則として欠席扱いとする。
・成績の評価は11週以上授業に出席した学生を対象とする。
テキスト
伊藤昭男『観光ビジネス・エコノミクス概論』(批評社、2017年)2200円
参考書
枝廣淳子『地元経済を創りなおす』(岩波新書、2018年)780円