シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 コマース研究ゼミナール 科目コード 1211 単位数 2
担当者名 堤 悦子 開講セメスター 第6セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 演習 実務経験
授業のねらい
このゼミでは,新しくメンバーを募集します。就職活動用に,企業によりそい,採用の場面から,ビジネスマナーまで学んで実践に役立てることができることをねらいます。2年生と一緒に資格試験にむけた問題にとりくむこともできます。
就職活動における総合力を養います。
到達目標
就職活動が円滑になる支援として,各自が毎回与えられた課題で自身の頭で考えたことを述べることができるようになるのが到達目標です。
授業内容
1週目 メンバー紹介,方針の決定
憲法を読み解く
2週目 労働者保護の基本
3週目 労働基準法と関連法規
4週目 就業規則の作成における規制
労働協約
5週目 労働災害と過労死
6週目 パワーハラスメント
過労死等の労働災害
7週目 男女雇用機会均等法
と各自の課題の発表
8週目 派遣労働法


9週目 セクシャルハラスメント
10週目 セクシャルハラスメントと二次被害
ハラスメントが労働者に与える人的被害とマネジメント
11週目 キャンパスでのセクシャルハラスメント
教育権との関連,労働者としての教員の権利
12週目 紛争解決とジェンダー
女性労働力の有効活用とマネジメント
13週目 労働の世界における暴力とハラスメントの防止
ジェンダーにやさしい企業
14週目 新しい法律
労働契約法の改正についてのディスカッション
15週目 自身のキャリアデザイン設定
各自のプレゼンテーション
16週目 今まで学んできたことの総括
準備学習(予習・復習)等の内容
上記の講義計画は堤からの提案です。ゼミ生全員で話し合った上で,何をどうするか決めましょう。ゼミの方針:1週間毎にくる講義に参加するという意識ではなく,自身が率先して次週のための準備し,発表していくことが求められます。どのような課題に決定したとしても,準備をすることが予習です。そして成果を十分に得ることが復習につながります。
成績評価の方法・基準
漫然とゼミの時間だけ顔を出しても単位はありません。いかに積極的に取り組むかが重要です。説得性のある意見が述べられること,練習問題に正解できれば満点です。不正なことが発覚した場合や礼節を欠くような態度では,堤ゼミは不合格と言わざるをえません。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
全員の合意形成が重要です。まずはそれを決める際に積極的に発言してください。全員でよく話し合い情報交換をしましょう。アルバイトを優先させる人にはむきません。礼節を欠く態度を通し忠告に耳を傾けないような人は,人権侵害につながる恐れがあるので堤ゼミでは単位を認点しません。
テキスト
ゼミの中で指定します。
参考書
ゼミの中で,適宜指定します。