シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 コマース研究ゼミナール 科目コード 1211 単位数 2
担当者名 村松 祐二 開講セメスター 第6セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 演習 実務経験
授業のねらい
日常ありふれた商品も、どのようにして今ここに提供されているのかを尋ねられると、途端にわからなくなるものです。その背景には企業の合理的経営と国際分業が存在しますが、ゼミナールでは日常生活に不可欠な商品が、どうしたら効率的に生産・販売・消費されるのかを考えます。
到達目標
様々なビジネスを企業経営の視点から考える訓練をとおして、経営学的な知識の習得と応用、問題解決能力の向上をめざかとともに、あわせて自ら課題を発見し解決する能力を身につけます。
授業内容
1週目 戦略的思考法について
2週目 伝説の物語
3週目 企業の見え方を変える力
4週目 シンボリック・ストーリー
5週目 情報化社会における経営資源
6週目 物語を武器にする会社
7週目 逆転・進出・生き残りをかけた戦い
8週目 「思考プロセスの落とし穴」に関するグループディスカッション(1)
9週目 マネのできないビジネスモデルを描く
10週目 物語戦略の構築
11週目 地上の星はどこにあるか
12週目 シンボリック・ストーリーを探す視点
13週目 物語のマネジメント
14週目 組織を強くする仕組みをつくる
15週目 「物語戦略」に関するグループディスカッション(2)
16週目 15週目までの授業内容を実施出来なかった場合は補講授業を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
テキストの内容を全員で丁寧に読み解いてゆく方式でゼミを進めるので、テキスト各章末にあげられている文献が基本的な参考文献となります。また『週刊ダイヤモンド』『週刊東洋経済』『日経ビジネス』『週刊エコノミスト』等ビジネス誌の特集記事も参考になります。こうした文献・資料には図書館等で可能な限り目をとおしてください。
成績評価の方法・基準
各自の取り組みから評価します。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
新聞は毎日目をとおすよう、心がけてください。
テキスト
岩井琢磨・牧口松二『物語戦略』(日経BP社)1,800円+税
参考書
なし。