シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 コマース研究ゼミナール 科目コード 1210 単位数 2
担当者名 深澤 史樹 開講セメスター 第5セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 演習 実務経験
授業のねらい
・当ゼミでは、「調べて、書く、他者に伝えるためのプレゼンテーションができる」を目標に、そのために必要な方法論を学び、少人数で実践的訓練を行う。さらに、書籍やネットの世界のみならず、現場主義を大切にするために可能な限りフィールドワークなども取り入れる予定です。
・具体的には、輪読を通した演習形式とする。学生が司会者、報告者、討論者となり積極的な議論の場を通して、ディプロマ・ポリシーにある、豊かな人間形成における幅広い教養とコミュニケーション能力を身につけるとともに、修得した知識および技能により、自ら課題を発見し解決する能力を身につける場とする。
到達目標
・自分が知りたい「情報」をどのようにして引き出すのかを理解できる。具体的には、ネットからの引き出し方、図書館(学術データベース)からの引き出し方、直接的に人や現場に接する(ヒアリング調査等)によって情報を引き出すことができるようになる。
・集めた情報を整理、分類してまとめる、つまり「書く」ことができるようになる。
・自分がまとめた内容を、他社へ伝える、つまり「プレゼンする」ことができるようになる。
・他者の主張を理解し、まとめる能力を養う。
授業内容
1週目 ガイダンス(ゼミでの約束事項の確認、ゼミ内での役割分担の確認、輪読やフィールドワークに関する意見交換)
2週目 輪読のための書籍選定と決定
3週目 輪読開始 輪番者による報告発表と議論 崕章・第1章」
4週目 輪番者による報告発表と議論◆崑2章」
5週目 輪番者による報告発表と議論「第3章」
6週目 輪番者による報告発表と議論ぁ崑4章」
7週目 輪番者による報告発表と議論ァ崑5章」
8週目 輪番者による報告発表と議論Α崑6章」
9週目 輪番者による報告発表と議論А崑7章」
10週目 輪番者による報告発表と議論─崑8章」
11週目 輪番者による報告発表と議論「第9章」
12週目 輪番者による報告発表と議論「第10章・終章」
13週目 フィールドワークのための準備
14週目 フィールドワークの実施
15週目 フィールドワークの振り返り
16週目 ゼミナール全般に対する講評。但し、やむを得ず、15週目までのゼミナール内容を実施できなかった場合は、補講授業を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
・広く文章に触れる機会を多く作ること。大量の文章を読むことにできるだけ慣れておくこと。
・レポートなど文章を書く機会を多く持つこと。苦手意識の克服が必要。
・パソコン(特にキーボード入力)を多用するので慣れておくこと。
・輪読する書籍について、事前学習として読み、内容やポイントを把握しておくこと(所要時間:90分)。また、事後学習として、報告者のレジメやゼミで議論された内容を反芻し、さらなる考察を促すために課題を課すこともある(所要時間:90分)。

成績評価の方法・基準
・ゼミ活動を通じて、司会者、報告者、討論者の役割をきちんと理解し、積極的に参加しているか。とりわけ、報告者としてその義務を果たすことを重要視します(80%)。
・学生自身でタスク管理(時間や期日を守る)がなされているか(20%)。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
・成績評価は、11週以上ゼミナールに出席した学生を対象とする。
テキスト
輪読で使用する書籍の決定後、明示する。
参考書
石黒圭(著),『論文・レポートの基本』(日本実業出版社),2012年,1,400円+税