シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 国際金融論 科目コード 1417 単位数 2
担当者名 松原 英二 開講セメスター 第6セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
国際金融でのわが国の現状とそれを生み出している経済構造についての理解を深めると共に国際収支表上の各種データの意味を理解する能力を身につけることを目標としたい。
到達目標
・国際金融について一般的な理解を深める。
・専門用語を正しく理解し国際的な資金の流れについて因果関係などを説明することができる。
授業内容
1週目 国際金融とは何か
2週目 グローバリゼーションと国際金融の重要性について
3週目 外国為替市場について
4週目 外国為替相場の機能について
5週目 外国為替相場の決定理論機聞愬穃亙寝狙癲
6週目 外国為替相場の決定理論供紛睛平衡説)
7週目 外国為替相場の決定理論掘併駛椣榮粟癲法椒妊スカッション
8週目 国際収支について機碧念彈支)
9週目 国際収支について供併駛楴支)
10週目 政策協調について機奮姐餔拌愡埔譴悗硫霪)
11週目 政策協調について供弊治・外交・軍事)
12週目 国際通貨体制について機扮漾▲疋襦▲罅璽蹇
13週目 国際通貨体制について供閉眠潺丱好吋奪函
14週目 多国籍企業
15週目 経済開発援助について+ディスカッション
16週目 経済のグローバル化について・試験
準備学習(予習・復習)等の内容
テキストを熟読すること。日本経済新聞の1面、2面、3面を読み金融関連の記事に注目すること。
成績評価の方法・基準
試験、レポート、受講態度を総合的に勘案して評価する。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
授業中に授業内容以外の行為に及ぶ受講生には厳しく対応するので真面目に授業に取り組んで欲しい。
テキスト
「はじめて学ぶ国際金融論」 永易 淳・江阪 太郎・吉田 裕司 著 有斐閣ストゥディア 1800円+税
参考書
岩田規久男著「国際金融入門」新版 岩波新書