シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 国際経営論 科目コード 1207 単位数 3
担当者名 菊地 均 開講セメスター 第5セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
 国境を越える経営、あるいは国境をまたぐ経営が国際経営である。本講義では国際経営に関する主要なテーマをできるだけ多面的に取り上げるため、日本企業だけでなく欧米企業、アジア企業の動きなども紹介し、グローバルな活度を担いうる人材養成をねらいとしている。
到達目標
 国際経営の対象・歴史・理論、および国際経営環境との関連で重要になる主要課題など、国際経営および日本企業の海外経営に関する基本知識を身につけ、問題の把握力・的確な分析力を養うことを目標にしている。講義の中では国際経営比較のケーススタディを学びながら、その上で経営環境とイノベーションについての高度な専門的知識を修得できるようになる。
授業内容
1週目 国際経営の世界
2週目 国際経営の歴史
3週目 国際経営の制度と環境
4週目 国際経営の理論
5週目 国際マーケティング
6週目 海外生産とイノベーション
7週目 多国籍企業とグローバリゼーション
8週目 国際研究開発とイノベーション
9週目 人的資源管理
10週目 国際財務管理 + レポート提出
11週目 国際経営組織
12週目 国際戦略提携
13週目 異文化経営
14週目 非製造業の国際経営 + 期末テスト
15週目 世界の多国籍企業の進展
16週目 多国籍企業と公共政策。やむを得ず、15週目までの授業内容を実施できなかった場合は、補講講義を行う。
準備学習(予習・復習)等の内容
国際経営論兇廊気魎霑辰箸靴董△修両紊嚢峙舛鮨覆瓩襪里如国際経営論気紡个垢詬解力のある程度の水準が要求される。週3時間の予習・復習を行い、その内容については、授業中に指示する。毎週、自己点検シートを配付するので、記入すること。
成績評価の方法・基準
成績は期末試験、レポート、授業への参加意欲などで総合評価する。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
履修に際しての注意事項等の詳細は、1回目の講義の際に告知するので、受講を希望する場合は必ず出席すること。期末試験の講評は、15週目の講義の中で行う。なお、遅刻は原則として認めないが、やむを得ない理由により遅刻する際は必ず連絡を入れること。
テキスト
 特にない。ただし、必要に応じてプリントを配布する。
参考書
 吉原英樹編『国際経営論への招待』(有斐閣)2500円