シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 管理会計論 科目コード 1467 単位数 3
担当者名 橋元 理恵 開講セメスター 第4セメスター 開講年次 2年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
管理会計(management Accounring)は、経営のための会計で、企業のみならず非営利組織でも活用されています。経営者や組織のトップは戦略や方針を決めるために意思決定をし、戦略や方針を実現するために組織内の人々の行動につながるようにコントロールをしなければなりません。
管理会計は、会計情報を意思決定やコントロールのために活用する、いわば組織マネジメントの要といえるでしょう。この授業では管理会計の基本的な知識について学び、経営を会計から捉える能力を身につけます。
到達目標
管理会計の基礎的な用語、知識を理解するとともに、管理会計の技法を習得できるようになる。
授業内容
1週目 イントロダクション:管理会計とは
2週目 経営管理と会計
3週目 予算管理と責任会計
4週目 短期利益計画
5週目 差額原価収益分析
6週目 理解度確認テスト(1):2週〜5週分、
解答と解説
7週目 原価管理
8週目 活動基準原価計算
9週目 バランス・スコアカード
10週目 JIT.TOC
11週目 理解度確認テスト(2):7週〜10週分、
解答と解説
12週目 設備投資計画(1):回収期間法、投下資本利益率法、時間価値
13週目 設備投資計画(2):正味現在価値法、内部利益率法
14週目 品質原価計算
15週目 テスト、総括
16週目 まとめと議論。
但し、やむを得ず15週目までの授業内容を実施できなかった場合には補講授業を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
・授業は配布するレジュメに基づき進めます。
・各自週3時間の予習・復習を行ってください。予習・復習については講義中に指示します。
・適宜レポート課題を出します。レポート課題についてはCourse Powerを通じて行います。
成績評価の方法・基準
授業への参加(出席ではなく、授業での発言、発表など積極的に参加しているか)(20%)、理解度確認テスト・レポート(45%)、期末テスト(35%)で総合的に評価します。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
・毎回新しいトピックスを学びます。遅刻すると授業内容の理解が難しくなりますので、遅刻はしないでください。
・電卓を持参してください。
・授業中は質疑応答や議論も行いますので自身の考えや意見を述べ積極的に授業に参加してください。
・授業4回分毎に理解度確認テストを実施しますので、毎回の復習はしっかり行ってください。
・授業中はスマホの利用をしないでください。スマホを机上に置くことも禁止します。
・授業中の飲食も禁止します。
テキスト
レジュメを配布します。
参考書
授業中に参考となる書籍等を紹介します。