シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 異文化ゼミナール 科目コード 1152 単位数 2
担当者名 佐藤 千歳 開講セメスター 第2セメスター 開講年次 1年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
北海道との経済交流が盛んな中国はどんな国で、なぜ30年で発展途上国から経済大国へと変貌したのでしょうか?急成長の陰で、どんな問題を抱えているのでしょうか?テキスト講読や映画作品を通して、中国社会が内包する多様性と課題を、各自が発見することを目指します。
到達目標
中国社会や政治の基本的な構造を理解し、中華圏出身者とのコミュニケーションを支える知識や視点を身につけます。
中国の社会や経済の現状を、日本と比較しながら把握できるようになります。
授業内容
1週目 中国経済の概要
2週目 国家資本主義なのか?+プレゼンテーション
3週目 大衆資本主義の力+プレゼンテーション
4週目 中国経済の二つの罠+プレゼンテーション
5週目 中国映画『至福のとき』から分析する改革開放の光と影
6週目 中国の法制度について+プレゼンテーション
7週目 法治国家建設の路線図+プレゼンテーション
8週目 中国の法律とは+プレゼンテーション
9週目 中国社会の理想+プレゼンテーション
10週目 中国映画『初恋のきた道』から振り返る中国社会の構造変化
11週目 格差社会と党への信頼+プレゼンテーション
12週目 中国に民主化は必要か?+プレゼンテーション
13週目 リーダーとしての弁護士たち+プレゼンテーション
14週目 インターネットと中国の市民社会+プレゼンテーション
15週目 習近平政権と中国社会
16週目 中国映画『四川のうた』と地域開発。やむを得ず16週までの内容を実施できな かった場合は補講授業
準備学習(予習・復習)等の内容
インターネットや新聞で中国・香港・台湾と関係のあるニュースに触れてください。
毎週、予習復習に合計2時間を確保し、テキストの該当箇所を事前に読み、要約とコメントを作成してください。テキストの要約について、授業で内容を毎回確認します。
成績評価の方法・基準
授業中の質問・コメントの頻度と内容(約30%)、プレゼンテーションの内容(約40%)、課題の内容(約30%)を総合して評価します。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
すべての課題を提出した履修者のみを成績評価の対象とします。
講義の資料はコースパワー(Course Power)にアップしますので、確認を欠かさないでください。
テキスト
川島真編著『よくわかる現代中国政治』(ミネルヴァ書房)2500円
社会文化ゼミナールと同じテキストです。
参考書
梶谷懐『日本と中国経済』(筑摩書房)972円
多田麻美『映画と歩む、新世紀の中国』(晶文社)2268円