シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 異文化ゼミナール 科目コード 1152 単位数 2
担当者名 柳川 博 開講セメスター 第2セメスター 開講年次 1年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
次の2点を授業のねらいとする。
)かな人間形成における幅広い教養とコミュニケーション能力を身につける。
⊇て世靴臣亮韻よび技能により、自ら課題を発見し解決する能力を身につける。
到達目標
次の3点を到達目標とする。
ー主的に学習研究環境を整備する。(大学設備の有効な利用方法)
学習の成果を自身の言葉で表現する能力を身につける。
図書や雑誌記事を通して社会科学的思考を養う。
授業内容
1週目 ガイダンス(大学施設の有効利用法・2年次以降の学修計画について)
2週目 教養への誘い 兵由と平等)
3週目 教養への誘い◆紛畭綟本と現在)
4週目 教養への誘い(多文化世界)
5週目 人間の記録 福崋伝」の面白さ)
6週目 人間の記録◆焚奮惻圓箸い仕事)
7週目 人間の記録(「生と死」の記録)
8週目 パラダイムを超えて 蔽里涼太検
9週目 パラダイムを超えて◆淵僖薀瀬ぅ爛轡侫函
10週目 戦争と平和への希望 福崟鏝紂廚鮃佑┐襦
11週目 戦争と平和への希望◆淵劵蹈轡沺▲淵サキ、そしてフクシマ)
12週目 戦争と平和への希望(「平和」はいかにして達成されるか)
13週目 現代の重要問題 淵哀蹇璽丱螢坤爐肇淵轡腑淵螢坤燹
14週目 現代の重要問題◆並振鵬修垢訐こΑ
15週目 現代の重要問題(日本の課題)
16週目 総合討論
準備学習(予習・復習)等の内容
下記の『参考書』を手がかりとして、選択した図書や記事を精読することが最も大事な予習である。読了後の「書評」をゼミで報告し、グループディスカッションを通して課題を発見し、関連する図書や資料を探索し、さらに読書や研究の幅を広げていくことが復習である。関連情報はCoursePowerにもその都度掲載するので確認すること。上記の予習・復習には、それぞれ2時間以上必要である。
成績評価の方法・基準
報告する文献やテーマを選定するプロセスやプレゼンテーションの内容を60%、ディベートやグループディスカッションへのコミットメントを20%、報告と討論に対する「自己点検」を20%として評価する。なお、報告と討論の自己点検についてはCoursePowerue上の「自己点検シート」に研究成果、問題解決の経過、全体の反省点等を複数回記録すること。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
毎時間、必ず出席することはもとより、他の学生の報告を真剣に聞き、自身の意見を表明し、ディベートする場を数多く作ること。ゼミの時間以外にも関連する学習や議論の場を自主的に作ること。「オフィス・アワー」を利用して考えをまとめてみよう。
テキスト
特に指定しない。下記の参考書や「推薦図書リスト」などを手掛かりとして報告する図書や雑誌・新聞の記事を自身で選択すること。
参考書
・広島大学101冊の本委員会編『大学新入生に薦める101冊の本』(岩波書店)
・岩波文庫編集部『岩波文庫解説総目録』(岩波書店)
必要に応じてCoursePowerで紹介する。