シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 日本文化と東アジアA 科目コード 1128 単位数 3
担当者名 李 炯直 開講セメスター 第1セメスター 開講年次 1年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
グローバリゼーションの現在、現代韓国の社会慣習や文化を中心に学習し、日本との違い、類似点、関係性など広い視点から豊かな人間形成に役立つ幅広い教養と異文化理解の能力を身につけること。
到達目標
本講義では、韓国における多様な分野の文化に関する知識を習得することを目標とする。また、英語で書かれている講義レジュメを読むことによって、英語の読解力を養うことも本講義のもう一つの目標である。
授業内容
1週目 オリエンテーション及び韓国の気候や風土について
2週目 韓国の象徴について
3週目 韓国の地理や政治について
4週目 韓国の食生活について
5週目 韓国の服飾について
6週目 韓国の芸能(韓流)について
7週目 韓国の映画産業について
8週目 現代韓国文化に関する映画視聴及び感想文作成
9週目 韓国における日本文化に関する映画視聴及び感想文作成
10週目 日本や韓国以外のアジア諸国の文化に関する自由研究調査の「プレゼンテーション」及び「ディベート」その1
11週目 日本や韓国以外のアジア諸国の文化に関する自由研究調査の「プレゼンテーション」及び「ディベート」その2
12週目 日本や韓国以外のアジア諸国の文化に関する自由研究調査の「プレゼンテーション」及び「ディベート」その3
13週目 日本や韓国以外のアジア諸国の文化に関する自由研究調査の「プレゼンテーション」及び「ディベート」その4
14週目 日本や韓国以外のアジア諸国の文化に関する自由研究調査の「プレゼンテーション」及び「ディベート」その5
15週目 期末試験及び「グループ・ワーク(テーマ:日本文化と韓国文化の違い、類似点、関係性)」
16週目 「グループ・ワーク(テーマ:日本文化と韓国文化の違い、類似点、関係性)」の結果に対する「グループ・ディスカッション」
但し、やむを得ず15週目までの授業内容を実施できなかった場合、補講授業の実施
準備学習(予習・復習)等の内容
週4.5時間の予習に加え4.5時間の復習を行うこと。毎週その学習時間に当たる予習課題や復習課題のリストを作成し、最初の授業の時、配布する。
講義資料に関しては、本学のEラーニングシステムであるCoursePowerを利用し、次回講義資料を事前読む必要がある。
講義後は、復習課題を通じて講義内容の理解度を自己診断する。
成績評価の方法・基準
小テスト(抜き打ち):30%、期末試験:20%、
自由研究調査のプレゼンテーション:20%、
復習レポート(映画鑑賞及び自由研究調査のプレゼンテーションに対するフィードバックレポート等):30%
※小テスト(抜き打ち)は、3回のうち、2回の良い点数によって評価する。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
授業中、事前許可なしでの通話、写真撮影、Lineなどの携帯電話の使用は厳禁(携帯電話の使用が見つかった場合、理由を問わず退室処分し、当該授業時間は欠席処理する)。
遅刻の場合、遅れた時間に関わらず当日授業すべてに対する欠席扱い。
成績の評価は、全16週のうち、11週以上授業に出席した学生を対象とする。
テキスト
特になし。必要な講義資料は本学のEラーニングシステムであるCoursePowerを利用し配布する。
参考書
任榮哲 著 (2009) 『韓国文化を日本語で紹介する事典』 JNC Publishing Company
Lipman, J., Molony B., and Robinson, M. 著 (2011) 『Modern East Asia』 Laurence King Publishing
Snyder, S. 著 (2009) 『China’s Rise and the Two Koreas』 Lynne Rienner Publishers