シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 中国語 科目コード 1105 単位数 9
担当者名 複数担当教員(中国語) 山東大学(威海) 開講セメスター 第2セメスター 開講年次 1年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
本学は、「開拓者精神の涵養」という建学精神を継承し、「アジアの時代にアジアを学ぶ」という教育目標を揚げている。本講義は、海外留学を希望しなかった学生も、中国語の授業を通して国際的視野を広げ、習得した中国語能力や専門知識を用いて、グローバル化の社会において、自主的精神に満ち、地域の経済発展に貢献できる有為の人材を育成する。一年次前期で学んだ中国語力を生かして、基本的な文法や慣用表現を習得させ、HSK3〜4級レベルにまで向上させることを目指す。
到達目標
本講義は、海外留学にいかなかった学生を対象にし、授業中にできるだけ中国の現状を紹介する。以下の中国語能力を身につけることを目標とする。
HSK3級レベルの語彙を習得し、会話で活用できるようにする。
中国語で自分の意思や希望などに関する表現ができるようにする。
4末に中国語能力検定試験HSK3級以上に達するレベルにする。
授業内容
1週目 +進行形を現す副詞「在」、「多」+形容詞
2週目 助動詞「能」、「会」
3週目 方向補語、前置詞
4週目 様態補語、結果補語
5週目 可能補語、疑問詞+都
6週目 「把」構文、禁止句
7週目 可能性を表す助動詞
8週目 現存文、動詞+「給」
9週目 原因を表す表現
10週目 受身を表す「被」
11週目 使役を表す「譲」、「叫」
12週目 持続を表す「着」
13週目 HSK3級閲読
14週目 HSK3級書写
15週目 HSK3級聴力
16週目 総合復習2+期末テスト。但し、やむを得ず、15週目までの授業内容を実施出来なかった場合は、補講授業を行います。
準備学習(予習・復習)等の内容
HSK1〜3級語彙を暗記するようにさせる。毎回習った新出単語や本文の暗記を授業の日課とする。授業中、単語の意味や使い方をよく説明したうえ、関連語彙を連想して作文することを宿題にする。また、本文の内容を参考にし、学習内容に基づき、グループを形成してプレゼンテーシュンを作成して発表してもらい、発表後に、修正して提出させる。さらに毎週小テストを行う。学生は、毎日30分前後の予習、復習することが必要である。
成績評価の方法・基準
単位の評価は月間テスト、期末テストの成績を合算して評価する。併せて練習課題や本文の暗唱、プレゼンテーシュンの発表なども評価の対象にする。自己点検シートを配布するので記入すること。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
本講義は毎回の授業に出席するのは基本である。なお、理由なく5分以上遅刻は欠席とする。成績の評価に際しては、全16週のうち、11週以上出席した学生を対象にする。
中国語兇陵修は、前期留学中国語の成績がB評価以上を条件とする。
テキスト
楊凱栄 張麗群『中国語で伝えよう!コミュニケーション・チャイニーズ』朝日出版社2019年1月本体2,400円+税
⇒醤僉|翕典子『あなたが主役演じる入門中国語』朝日出版社2019年1月
本体2,300円+税
参考書
HSK3級語彙集
HSK4級語彙集
HSKの過去問を無料ダウンロード(1〜6級過去問・リスニングあり)
https://12daimedaimonya-chinese.com/hsk-download/#HSK1