「緊急事態宣言」解除後の授業実施について

2021年10月2日

学生の皆さんへ

学長代行 伊藤 昭男 .

「緊急事態宣言」解除後の授業実施について

9月30日で北海道の緊急事態宣言が解除されることとなりました。
今後も、学生および教職員の健康に留意し、充分に感染に注意していく必要はありますが、一方でワクチン接種も進んでいることから、本学では、10月4日(月)からの授業については、徹底した感染予防策を講じた上で、「2021(令和3)年度の授業方針について」を踏まえて実施します。
つきましては、授業形態の変更時期や具体的な授業方法等は、各授業科目の担当者から、履修者に随時周知します。必ず確認して指示に従ってください。

また、学生の皆さんは引き続き、通学の際のマスク着用、手洗いはもちろんのこと、大声での会話や不要不急の立ち寄りを控える、またキャンパス内での昼食の際に友達との会話は極力控えるなど、引き続き感染拡大防止のため、感染防止の生活様式(三密を避け、手洗い、換気、不要な外出他、国・道の指導等)を守るなど、一人ひとりが更なる危機感を持って行動するようにお願いします。
今後も、感染状況の変化に応じた迅速な対応に努めます。ご理解をいただきますよう、よろしくお願いします。