北海道の緊急事態宣言追加に伴う本学の対応について

令和3年8月30日

北海道の緊急事態宣言追加に伴う本学の対応について

学生、教職員の皆さま

新型コロナウイルス感染症対策本部

学生、保護者の皆様におかれましては、日頃より感染防止対策にご協力いただき、心より感謝申しあげます。

北海道は緊急事態宣言の対象地域に「9月12日(日)」まで追加されました。今回の第5波では、デルタ株の脅威にさらされ、非常に厳しい感染状況が続いています。ワクチン接種の効果により、高齢者の入院患者は減少しているものの、医療への負荷が増し、入院患者や重症患者がさらに増える恐れもあるのが、札幌の現状です。

また、北海学園として行う大学拠点接種(集団接種)は、8月30日(月)よりワクチン接種を希望する学生や教職員に対し開始されますが、感染力が高いとされる「デルタ株」への置き換わりが進んでいる現況に鑑み、引き続き、一人ひとりが感染対策を徹底し、ワクチンが行き渡るまでのこの時期を凌いでいかなければなりません。学生や教職員の皆さまには、ご負担をお掛けいたしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。

また、夏季休業期間中においても、学内施設利用に当たっての諸注意に変更はあません。

【学内施設利用にあたっての諸注意について】
登校前に必ず検温を行い、発熱等、風邪の症状がある場合は登校しないでください。
・入り口に消毒薬を配置していますので消毒してください。人が多いときは、他の場所にも配置していますので、1ヵ所に集らないでください。
・各階の自由学習コーナー(PC含む)・図書館は、密着を避けるよう座る席が指定されています。必ず決められた位置を守ってください。
・持参した食べ物を摂るために、自由学習コーナーに席が無い場合は、使用していない教室を利用してください。なお、使用する場合は密集・密接を避け、大声を出したり、唾液の飛沫が拡散するようなおしゃべりは止めてください。
・学内施設の利用時間は、平日・土曜日は8時から18時(短縮)まで、日曜・祝日及び大学が定める日は利用できません。