5月17日からの本学の授業形態について-「緊急事態宣言」の適用に伴う対応について-

令和3年5月15日

新入生・在学生の皆さん
教職員 各位

商学部長 伊藤 昭男

全国の感染が拡大傾向にあるなか、政府は北海道に5月16日(日)から5月31日(月)まで「緊急事態宣言」を発出しました。

北海商科大学は、キャンパス内での活動を継続することの重要性等も踏まえ、5月10日付けのお知らせ(5月10日からの本学の授業形態について)でも、「令和3年度の授業に関するお知らせ」を前提とした授業運営を行うという方針を大学のホームページ等を通してお知らせしておりますとおり、令和3年度の前期授業の運営方針を定めており、この方針に基づき、現在授業を行っています。この運営方針は、十分な感染症対策を施した上で策定したものですので、現時点においてはこの方針を継続し、授業を行いますことを、お知らせします。

ついては、受講者の意向も配慮しながら、授業科目毎の特徴を考慮するように授業科目担当者の判断において、対面、対面と遠隔(リアルタイム等)、遠隔(オンデマンド等)、その他(独自の授業形態)のいずれかの授業形態で行いたいと思います。

ただし、今後の感染状況の変化によっては、方針を変更することがあります。

また、キャンパス内でオンライン授業の受講、自習のために利用できる講義室等は、引き続き確保します。さらに、5月10日よりモバイルルーターWi-Fiを配置した教室も準備しました。利用は必要最小限の利用に留め、利用にあたっては各自で感染防止策を徹底してください。また、複数の学生が授業以外の目的で講義室等に集まり、会話をすることは厳に慎んでください。

学生の皆さんにおかれましては、この授業方法を継続して実施していくためにも、学内でのクラスターが発生しないよう、引き続き以下の感染予防、感染拡大防止のための対策の徹底をお願いいたします。

(札幌市内における外出の際)
1 不要不急の外出や市外への移動を控えること。特に20時以降の外出を控えること。加えて、特に日中、週末の外出を控えること。
※具体的には、医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要なものを除き、外出を控えてください。なお、必要な外出や移動であっても、混雑している場所や時間を避けて行動してください。

2 不要不急の都道府県間の移動、特に緊急事態措置区域との往来は厳に控えること

(札幌市内における飲食の際)
1 感染防止対策が徹底されていない飲食店等や営業時間短縮に応じていない飲食店等の利用を控えること
2 路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を控えること
3 できる限り同居していない方との飲食を控えること

学生の皆さんの健康を第一に、「感染しない。感染させない。」という原則に基づき、北海商科大学生として社会的に責任ある行動をとるよう、引き続き皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

以 上