【重要なお知らせ】後期授業について(令和2年10月29日更新)

北海商科大学の学生の皆さんへ

商学部長 伊藤 昭男 .

後期授業について(令和2年10月29日更新)

新型コロナウイルス感染症の収束の見通しが見えないなか、原則的に遠隔授業をおこないながらも、感染リスクを考慮し対面授業等を行っていますが、学生の皆さんも不安なお気持ちを抱えて、授業を受講されている現状に於いて、大変お疲れだと思います。
札幌市における新型コロナウイルスの新規感染者数については、先月中旬以降、一日の感染者数が2桁となる日が続いており、感染経路不明者の割合が増えています。また、最近の傾向として若い世代の方に感染が広がっていることから、学生の皆さんにも引き続き、マスクの着用や手指の消毒などの基本的な感染予防対策を徹底していただくとともに、マスクなしでの会話や密閉空間に長時間滞在するなどのリスクの高い行動はできるだけ避けて行動するよう、引き続き、ご理解、ご協力をお願いいたします。

本学では、後期授業(2020年11月2日~11月30日)について、新型コロナウイルスの感染予防対策を講じたうえで、授業科目についてどのような授業形態で行うのかについて決定(一覧はCoursePowerにて公開)しましたのでお知らせします。
授業科目ごとの詳細な計画については、引き続き授業科目担当教員からCoursePower等で別途お知らせしますので、必ず確認して講義に臨んでください。

今後の感染症の状況によっては、講義室等で行う対面授業を途中から遠隔授業に切り替える場合がありますので、引き続き、遠隔授業を受講するための環境(パソコンやインターネット)を確保していただきますよう、お願いします。

後期授業を受講する又は登校するに際して、特に下記の事項に十分に留意してください。

<学部生・大学院生の皆さんにお願いする健康管理>
① 登校前に必ず体温を測り、発熱や倦怠感等体の異常を感じたら大学への登校は控えてください。その場合は医務室に電話連絡をしてください。
② 発熱や咳等の風邪症状が継続(4日以上は必ず)あるいは、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)、高熱等の強い症状のいずれかがみられる場合は、すぐに保健所に開設されている「帰国者・接触者相談センター」(「#7119」または「011-272-7119」)に連絡し、その指示に従ってください。
診断の結果、新型コロナウイルスに感染していることが確認された場合は、速やかに医務室へ電話等で連絡してください。
新型コロナウイルスに感染した場合、保健所等の指示に従い医療機関への入院、宿泊療養、自宅療養等を行い、学内手続き上は登校停止の対応をしてください。
保健所から、あなたが感染者の濃厚接触者であると告知されて、医療機関での受診や自宅での健康観察等を指示された場合も同様に、速やかに医務室へ電話等で連絡してください。
保健所から濃厚接触者であると認定された場合は、登校停止の対応をしてください。

※詳細は、北海商科大学ポータルシステムのキャビネット内の【学部】新型コロナウイルス感染予防対策について(医務室)をご確認ください。

<大学として実施する対策>
① 教員はマスクを着用して授業を行います。また、必要に応じてフェイスシールドを着用して授業を行うことがあります。
② 教室内の換気のために、冬季間においても教室の出入口は常時開放し、授業中30分に1度程度の換気(数分間)を行います。換気することで、教室内が寒くなったりすることがあります。体温調節できる服装等の準備をして登校してください。また、窓の開閉については、学部生・大学院生の皆さんにも協力をお願いします。
校舎の入り口のエントランス等にサーモグラフィカメラを設置しましたので、ご自身でカメラによる体温チェックを行ってから学内にお入りくださるようお願いします。

<大学に登校する学部生・大学院生の皆さんにお願いする行動>
① 登校途中やキャンパス内に滞在する時、および授業中はマスクの着用を義務づけます。学内の要所に手指消毒用アルコールを設置しています。なお、万一マスクがない場合は医務室に申し出てください。
② 教室内では密集を避けるために座席間隔を空けてください。あらかじめ座席位置が指定されている場合は、それに従って着席してください。
③ 自由学習コーナーは、密集化の回避、ソーシャル・ディスタンス確保のため、席数を減らしています。
④ 授業が終了した後は、教室内・建物内に留まらずに速やかに退出・帰宅してください。

<対面授業に不安を抱える学生の皆さんへ(本学の教育的な配慮について)>
令和2年度後期の対面授業の履修にあたり、正当な理由がある学生(※)に対しては、履修上不利益とならないよう配慮を行います。
① このような教育的な配慮の申請を希望する学生は、医務室・教務センターに連絡してください。
(※ 正当な理由がある学生について)
原則として、妊婦、高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある、透析を受けている、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている等新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが高いことや、通学に著しい不安を抱えることを指しますが、大学に通学し対面授業を受講することが困難等の事情のある学生についても対象とします。
② 授業についての不明な点は授業科目担当者に質問していただくのが良いのですが、連絡がとれないなど解決がつかない場合もあることと思います。オンライン授業に関して相談したいことがある場合は、CoursePower(事務室からのお知らせ)のQ&Aに相談したい科目名・科目担当者・具体的な相談内容を記載してください。相談によって不利益を被ることのないよう配慮します。出来るだけ早く回答するようにしますが、内容によっては時間がかかる場合もあると思いますので、余裕をもって相談してください。
なお、CoursePowerで質問しづらい場合には電話でも受付(月~金:9時00分~16時00分〔12時40分~13時30分をのぞく〕 土:9時00分~12時40分)します(名前を教えて頂けない場合は対応しません)。

<遠隔授業を受講するにあたっての禁止事項>
① 受講生のみに提供されている遠隔授業のURL、ZoomID、パスワードを第三者に提供すること。
② 遠隔授業を撮影・録音・録画し、担当教員の許可なく、それをインターネット上で公開すること(授業コンテンツ、教員の言動、受講生の受講の様子も含む)。
③ 遠隔授業で提供された資料等を、担当教員の許可なく第三者に再配布すること。

今後も予定変更を行う可能性がありますので,引き続き本学ホームページにてご確認をお願いいたします。