「緊急事態宣言」解除に伴う本学の対応について(授業開始)

北海商科大学の学生の皆さんへ

商学部長  伊藤 昭男  .

本学は、国の「緊急事態宣言」および北海道知事による休業要請を踏まえ、4月14日(火)から5月31日(日)まで、遠隔授業の実施等の措置を取ってまいりました。実施にあたっては、学生のみなさんにご不便やご面倒をおかけしていることをお詫びします。
日本政府の「緊急事態宣言」及び北海道の「緊急事態措置」の解除に伴い、6月1日(月)から別紙(CoursePowerの「事務室からのお知らせ」にて公開)のとおり、感染予防措置下で小規模大学の利点を生かしつつ段階的に通常(対面)授業を再開することとしましたので、お知らせいたします。また、遠隔(オンライン)授業科目の授業形式については、科目担当教員がCoursePowerやメール等でお知らせします。必ずご確認するようにお願いします。
みなさまにおかれましては受講のご準備をお願いいたします。

「緊急事態措置」は解除されましたが、今までと同じではありません。以下に記された内容をよく読み、新しい生活様式にあわせた学生生活に取り組み始めましょう。
皆さんにはご迷惑をおかけしますが、ご理解いただくようお願いします。

〇授業について
6月1日(月)〜6月30日(火)までは、3密対応型の通常(対面)授業を基本とします。また、3密対応型の通常(対面)授業の実施が不可能、若しくは困難が想定される科目は、6月1日(月)以降も引き続き、遠隔(オンライン)にて授業を行います。なお、遠隔(リアルタイム)授業は原則時間割通りの時間帯に該当授業を行う予定です。
なお、授業の内容、形態により、遠隔形式での実施が困難なもの(一部の実習を伴う授業科目等)については、様々な状況等に応じ、授業担当教員の判断で下記のような方法を実施する場合があります。

●具体的な方法として、
・クラスの受講生を半分に分け、講義参加者を半分に縮小し、上記の要件が同時に重なり合わないような環境で、学生は隔週で講義に出席し、講義に出席していない学生に対しては自習課題を課す。
・授業参加の替りにLMS等を用いた教室外での自習を認め、対面授業への参加学生数をコントロールしながら3密を避ける環境で、対面授業と教室外自習を併用した授業を実施する。
※3密対応型:教室の収容定員に対して受講生(実際に教室にいる学生数)の割合が50%以下の科目で社会的距離を維持する座席間隔、教室内の換気、建物入口における消毒液設置、手洗い・マスク着用指導など、感染予防対策に最大限の注意を払う。

〇学内施設について
6月1日(月)より、売店、学生食堂、など学内施設の利用を段階的に再開する予定です。
なお、図書館は、当面の間は本学学生・教職員以外の方の利用を一時的にお断りすることは継続いたします。また、6月1日(月)以降も引き続き、自宅にPC等の利用環境が整備されていない場合には、課題レポート作成やネット配信授業受講を目的とするコンピュータ教室でのPC利用を許可します。利用を希望する場合は、教務センターまで連絡をお願いします。

【学内施設利用にあたっての諸注意について】
・入り口に消毒薬を配置していますので消毒してください。人が多いときは、他の場所にも配置していますので、1ヵ所に集らないでください。
・各階の自由学習コーナー(PC含む)・図書館は、密着を避けるよう座る席が指定されています。必ず決められた位置を守ってください。
・持参した食べ物を摂るために、自由学習コーナーに席が無い場合は、使用していない教室を利用してください。なお、使用する場合は密集・密接を避け、大声を出したり、唾液の飛沫が拡散するようなおしゃべりは止めてください。
・学内施設の利用時間は、平日・土曜日は8時から18時(短縮)まで、日曜・祝日及び大学が定める日は利用できません。
※教職員は、唾液の飛沫拡散を防止するためマスクを必ず着用します。また、事務室には飛沫感染防止ボードを設置しました。

【対面授業実施にあたっての諸注意について】
①登校時の注意点
・登校前に必ず検温を行ってください。
・発熱等、風邪の症状がある場合は無理をせず、欠席してください。
(※上記の理由で授業を欠席する(した)時は、担当教員が適切な配慮を行いますので、ホームページの体調管理票に記入し、翌週の授業時やメールで担当教員に欠席届を提出し、必要な指示をうけて対応してください。)
・マスクの着用を義務付けます。自宅を出て、帰宅するまで外さないでください。
(忘れた時は事務室に来てください。)
・手を拭くタオル、ハンカチを各自持参するようにし、人とは共有しないでください。
(※感染予防等については、HPに掲載されている「新型コロナウイルス感染予防対策について」をご確認ください。)

②受講時の注意点
・可能な限り、分散して着席してください。
・着席したら、自身の着席場所を記録してください。(メモ、写真)
・原則として、教室の出入口、窓は常時開放して実施しますので、体温調節できる服装としてください。
・私語をしないでください。
・授業の前後で手洗いを行ってください。

③面接授業の免除
・新型コロナウイルス感染症の発症による出席停止、検査・待機指示の欠席の他、以下については連絡をしていただければ面接授業を免除し、欠席に準じた対処を致します。
1)症状等による感染疑い(当日までに連絡)
2)在住地又は通学経路の自粛(前日までに連絡)
3)その他(基礎疾患や不安等):検討の上判断(2日前までに連絡)
※上記等のご連絡は医務室・教務センターにお願いいたします。

【補講日の設定について(予定)】
・遠隔授業の実施が困難な科目(実習等)の学修機会を提供するため、次の日時を調整日と定めて補講授業を実施する予定です。
[補講授業予定日]
■7月23日(木・祝)および24日(金・祝)
■8月4日(木)から8月10日(月・祝)
※詳細は決まりましたら、お知らせします。

北海道は、緊急事態宣言が解除されましたが、 今後も新型コロナウイルス感染防止に充分注意して学生生活を過ごしてください。感染防止の3つの基本である(1)「身体的距離の確保」、(2)「マスクの着用」、(3)「手洗い」など、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の実践を図りましょう。

新型コロナウイルス感染症については日々状況が変化しており、本学では状況推移をみながら方針を随時検討しております。今後も予定変更を行う可能性があります。
引き続き本学ホームページ等にてご確認をお願いいたします。