シラバス(詳細)

印刷する
2019年度
科目名 課題研究演習 科目コード 8043 単位数 2
担当者名 伊藤 寛幸 開講時期 1後 開講年次 1年次
授業の到達目標及びテーマ
修士論文の作成に関する基本的理解の習得(論文の書き方、目的、テーマの設定、資料・文献収集の仕方、調査研究の方法、資料の読み込み方法・利用の方法等)を指導する。
授業の概要
修士論文の作成にあたっては、専攻分野を考慮し院生各自と協議にうえで設定する。指導領域は、「観光」をコアなキーワードとして位置づけたうえで関連分野を含め広く設定する。修得した知識および技能によって、自ら課題を発見し解決する能力を身につけることをねらいとする。
授業計画
1週目 問題提起の確認
2週目 問題提起の指導
3週目 論文執筆の技法に関する指導
4週目 文献検索に関する指導
5週目 文献レビュー(邦文)に関する指導
6週目 文献レビュー(英文)に関する指導
7週目 中間報告
8週目 論文タイプに関する指導(実証論文:定量的研究)
9週目 論文タイプに関する指導(実証論文:ケーススタディ)
10週目 論文タイプに関する指導(レビュー論文)
11週目 論文の目的達成のための分析手法(定量)に関する指導
12週目 論文の目的達成のための分析手法(定性)に関する指導
13週目 論文の目的達成のための分析データ(定量)に関する指導
14週目 論文の目的達成のための分析データ(定性)に関する指導
15週目 研究者倫理に関する指導
16週目 演習全般に対する講評。ただし、やむを得ず15週目までの講義が実行できなかった場合に補講授業を実施。
テキスト
特になし。
参考書・参考資料等
院生各自の専攻分野の研究テーマに応じて、講義の際に適宜指示する。
成績評価の方法・基準
指導の過程で提出される成果物、研究報告の水準などによって評価する。