シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 人的資源管理論 科目コード 1204 単位数 3
担当者名 堤 悦子 開講セメスター 第5セメスター 開講年次 3年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
この科目は人的資源管理気旅膤兵圓里澆受講できます。気亮講者に対しては,前回実業側の好意により,実践的な入社面接の現場に立ち会わせてもらうなど,就職活動の面接の実際を学びました。従って気濃慊蠅靴織謄ストを使い,人的資源管理からみるマネジメントの理論を,さらに深く理解することをねらいとして実施します。
到達目標
人的資源管理の基本的な専門用語を使い,〕論の諸体系を理解すること,△修譴召譴梁侶呂粒堂媾蠅納茲蠅△欧蕕譴討い詭簑蠹世鰺解し,自分の考えを要求された文字量程度で,記述できるようになることを到達目標にします。
授業内容
1週目 雇用管理について

2週目 企業の採用計画,採用の種類,主体
3週目 企業の募集と選考
募集・採用に係る法律上の規制

4週目 企業の配置と異動に関する一般論
インターシップでみた新しい企業の仕組み
5週目 初任配属,配属後の人事異動,自己申告制度,社内公募制度
6週目 キャリアの多元化・複線化
7週目 雇用調整,解雇権濫用の法理等
8週目 職場のいじめ,パワーハラスメントと対策
9週目 人権意識についてふりかえる
法がいかに労働する側を保護しているか(憲法・下位法の考察)
10週目 労務管理士という資格
過去問を概観する
11週目 労務管理士をめざす
過去問を解く
12週目 社会保険労務士という資格
過去問を概観する
13週目 社会保険労務士をめざす
過去問を解く
14週目 実業で携わっている先輩諸氏からの話
15週目 人的資源管理論から学んだこと

16週目 人的資源管理論についての総まとめ。
準備学習(予習・復習)等の内容
気陵修者しか履修できないため,少数精鋭講義になります。従って個別具体的な希望や要望により,上記スケジュールが変更になることがあります。段取りや希望について合意を得たうえですすめます。
成績評価の方法・基準
この講義では,全回出席することが基本です。漫然と出席していても加点されず,出席が比較的多いという学生の申し立てが合格点をもらう根拠になりません。実際に受講している学生の努力,適宜実施するテストの点数・課題の評価なども踏まえて,総合的に評価します。
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
学生証を忘れても,出席システムに,私の方からは入力しません自身のために積極的に講義でも質問したり,時にグループワークで考察の場をつくるときに積極的な発言やリーダーシップをとることが重要です。
テキスト
矢代充史『人的資源管理』中央経済社
参考書
講義で適宜紹介します