シラバス(詳細)

印刷する
2020年度
科目名 海外中国語 科目コード 1107 単位数 15
担当者名 蘇 林 開講セメスター 第2セメスター 開講年次 1年次
授業の方法 講義 実務経験
授業のねらい
本講義は、「アジアの時代にアジアを学ぶ」という本学の教育目標を実現するため、履修者が中国に留学し、中国の協定校で中国語を学び、学んだ言葉を即実践できるようにする環境を整えることを目標にする。「百聞は一見にしかず」というように、現地で中国人や他国の留学生とよく交流し、異文化コミュニケーション能力を養い、中国文化や社会などに触れ合い、文化体験を通じた国際的な視野とセンスの涵養を学習する。
到達目標
到達目標としては
 崢阿」「言う」「読む」「書く」「文章読解」など総合的な中国語能力の向上。
◆〕修者の9割以上はHSK4級レベルに到達。
授業内容
1週目 現地の対外中国語カリキュラム
2週目 現地の対外中国語カリキュラム
3週目 現地の対外中国語カリキュラム
4週目 現地の対外中国語カリキュラム
5週目 現地の対外中国語カリキュラム
6週目 現地の対外中国語カリキュラム
7週目 現地の対外中国語カリキュラム
8週目 現地の対外中国語カリキュラム
9週目 現地の対外中国語カリキュラム
10週目 現地の対外中国語カリキュラム
11週目 現地の対外中国語カリキュラム
12週目 現地の対外中国語カリキュラム
13週目 現地の対外中国語カリキュラム
14週目 現地の対外中国語カリキュラム
15週目 現地の対外中国語カリキュラム
16週目 現地の対外中国語カリキュラム
準備学習(予習・復習)等の内容
現地の先生の指示に従い
成績評価の方法・基準
現地の大学ルールに従い
履修上の留意点/課題に対するフィードバックの方法
現地の大学ルールに従い
テキスト
現地の先生に従い
参考書
現地の先生に従い