学生生活

奨学金制度

奨学金制度

人物・学業ともにすぐれ、経済的理由により修学困難な学生に対して経済的援助をし、教育の機会均等をはかるために奨学金制度があります。

日本学生支援機構

教育の機会均等の趣旨に従って人物・学業ともに優秀かつ健康であって学資の支弁が困難と認められる者について、本人の出願に基づき、大学からの推薦により日本学生支援機構の選考を経て奨学生として採用されます。

(1)奨学金の種類

第一種奨学金(所得連動返還型無利子奨学金を含む)
特に成績優秀で、かつ経済的理由により著しく修学困難なものが対象となります。
※「所得連動返還型無利子奨学金」は、第一種奨学金の貸与終了後、貸与を受けた本人が一定の収入を得るまでの間、奨学金の返還を猶予する制度です。第一種奨学金を申し込んだ人の中から、機構が選考して該当者が決定されます。
第二種奨学金
成績優秀で、かつ経済的理由により修学困難なものが対象となります。※なお、第二種奨学金は卒業後年3%の有利子貸与となります。

(2)貸与月額と貸与期間

区分 第一種奨学金 第二種奨学金 貸与期間
自宅通学 54,000円 30,000・50,000・80,000
100,000・120,000より選択
どちらも在学する学校の最短
修業年限を終期とします。
自宅外通学 64,000円
自宅・自宅外
にかかわらず
30,000円

(3)募集と推薦

募集は4月初旬に「奨学金説明会」を開きますので必ず出席してください。
出願された人に対して、学内選考機関で家計・学業・人物等を日本学生支援機構推薦基準に基づき総合的に審査し推薦を決定します。

(4)返還

返還は、卒業・退学・その他の理由で奨学生の身分を失ったときから始まります。

第一種奨学金
区分 貸与月額 貸与期間 返還総額 返還回数 月賦金額
自宅通学 54,000円 48ヶ月 2,592,000 180 14,400
自宅外通学 64,000円 48ヶ月 3,072,000 216 14,222
自宅・自宅外
にかかわらず
30,000円 48ヶ月 1,440,000 156   9,230

※月賦返還額の端数は最終回で調整します。

第二種奨学金
区分 貸与総額 貸与期間 返還総額 返還回数 月賦金額
30,000円 1,440,000円 48か月 1,761,917円 156回 11,293円
50,000円 2,400,000円 48か月 3,018,568円 180回 16,769円
80,000円 3,840,000円 48か月 5,167,586円 240回 21,531円
100,000円 4,800,000円 48か月 6,459,510円 240回 26,914円
120,000円 5,760,000円 48か月 7,751,445円 240回 32,297円

北海学園奨学金

学校法人北海学園が設置する学校に在学している学生・生徒で、成績優秀な者で経済的理由により、学業の継続が困難であると認められる者に奨学金を給付することによって、人材の育成に資するため定められたものであり、本人の出願に基づき、大学からの推薦により学校法人北海学園の選考を経て奨学生として採用されます。

(1)奨学金の種類

第一種奨学金
学業成績を含めて、極めて優秀と認められる者に、経済的事情を考慮して給付される奨学金です。

(2)給付月額と給付期間

区分 給付月額 給付期間
第一種 20,000 12か月

(3)募集と推薦

出願された人に対して、学内選考機関で家計・学業・人物等を北海学園奨学生規程に基づき総合的に審査し推薦決定します。

北海商科大学教育振興資金による
奨学金等(給付)

奨学金の種類 給付金額 人数 給付時期 選考基準
学業優秀者に対する奨励金 7万円 2名 当該年度末 本学商学部の2年生及び3年生の学業優秀者上位各3名
5万円 2名
3万円 2名
海外留学(長期)留学生
支援のための奨励金
10万円 若干名 当該留学期間内 原則として1年間またはそれ以上の期間本学協定校へ留学を行う者。
※ただし、当該留学に対し本学以外の団体(政府機関等を含む)や個人から奨学金等を受給している者は除く。

各種奨学金等

地方自治体・その他各種団体等が行っている奨学金制度もありますが、大学を通じての募集は数少なく、募集期間も一定ではありません。大学としては各団体から募集があり次第掲示するので注意して下さい。

札幌市奨学金、・交通遺児育英会奨学金、・あしなが育英会奨学金

学生サポートプラン

提携教育ローンのご紹介です。詳細やお申込み等については、以下をご覧ください。
オリコ学費サポートプランのページ(外部ページへ移動します)